IMG_2512

     建物のデザインなど、ちょっと金属系で何かを

     したいと思う時に頼りになるのが「鍛冶屋」さん。

     造り上げる「部品」は既製品としてあるものの、

     同様の腕前を持つ「鍛冶屋」さん。

     「工房 丸山」 ( 0429-84-0623 )

     いくつか製作品を見せてもらいました。

投稿日:2011 年 11 月 2 日 水曜日
タグ:
カテゴリー: 実例紹介, 新着情報 | コメントは受け付けていません。

IMG_8790 IMG_8758

 

 

 

 

 

 

 IMG_8807 IMG_8754

 

 

 

 

 

                         高齢になった母と暮らすために話がスタートした「水野Sevens]。

                                  親子3代に渡り暮らしが始まっています。

        この住宅は平面中央、ロフトまでの「吹抜」を介し皆の気配を感じられる造りになっています。

         「水野Sevens」は、安全・安心そして健康である為に技術的要素を組み込んでいます。

        特徴としては、 ・室内環境を重視し、「FPウレタン断熱パネル」を用いた「快適省エネ住宅」

                              ・住宅品質の「ものさし」である「住宅性能評価制度」(設計・建設評価)の取得

                              ・耐震性にあったは、許容応力度法による「構造計算」を実施しました。

                              ・住宅が外部環境に与える「環境影響評価」を「CASBEE」を用い検討しました。

             このような、私のBand仲間である「A氏」のお住まい。建築中の様子をご覧ください。

 

            ・「水野 Sevens Strat  (皆で協力)」      ・「水野-1 (地鎮祭・着工式)」      ・「水野-2  (合言葉)」

            ・「水野-3 (性能評価)」      ・「水野-4  (構造計算)」      ・「水野-5  (中締め)」     ・「水野-6  (気密テスト)」

            ・「水野-7  (基礎完成まで)」      ・「水野-8  (屋根造ろ!)」     ・「水野-9  (壁、様々な顔)」     

            ・「水野-10  (木工事 完了!)」      ・「水野-“優良住宅” 宣言」     ・「水野-11 (早や完成!)」     

            ・「水野-12 (評価書交付)」      ・「水野-13 (CASBEE)」

 

              その後、「A氏」。住まいに「太陽光発電設備」を搭載。毎月の「買電量」に一喜一憂しています。

 

             ・「水野-14 (太陽光発電)」      ・「水野-15 (3か月メンテ)」      ・「水野-16 (光熱費)」

投稿日:2010 年 4 月 15 日 木曜日
タグ:, ,
カテゴリー: 実例紹介 | コメントは受け付けていません。

 上棟-1 01252F-1

0203-1

 

 

 

 

 

                   「こだわり」を持った住まいのデータです。

      [ One Box ? 1 ]     [ One Box ? 2 ]     [ One Box ? 3 ]     [ One Box ? 4 ]     [ One Box ? 5 ]

      [ One Box ? 6 ]     [ One Box ? 7 ]     [ One Box ? 8 ]     [ One Box ? 9 ]     [ One Box ? 10 ]

    [ One Box ? 11 ]     [ One Box ? 12 ]     [ One Box ? 13 ]     [ One Box ? 14 ]     [ One Box ? 15 ]

    [ One Box ? 16 ]     [ One Box ? 17 ]      以上、「収納」状況までをお伝えしました。

投稿日:2009 年 11 月 12 日 木曜日
タグ:, , ,
カテゴリー: 実例紹介 | コメントは受け付けていません。

「S 様」のご家庭は、ご両親と若夫婦そしてお孫さんと暮らす3世代住宅。「Bath Room」は共に使用し、台所に関しては各世帯にあるPlanになっています。全体が「コの字コートハウス」形式。間取り中央に「中庭」を配しデッキがシースルーな形状で、上下の気配を感じられる様に考えています。2階南側の空中デッキは木製の目隠しにより隣家との視線をさえぎる工夫をし、屋根部部分も「ロフト」としての機能を備えました。

(さらに…)

投稿日:2009 年 11 月 12 日 木曜日
タグ:,
カテゴリー: 実例紹介 | コメントは受け付けていません。

敷地の法的制限を最大限に活かした 「U 様邸 」。屋根形状も規制斜線通りの形。2Fリビング前の「空中デッキ」は周囲の「視線」をカットし、私的でコートハウス的な空間を作り出しています。狭小でも全ての設備は必要です。流し台は既製品では納める事が不可能なので現場製作・タイル仕上の流し台が出来上がりました。「U 様邸 」では3人のお子様と「ワイワイ・ガヤガヤ」の生活を楽しまれています。

(さらに…)

投稿日:2009 年 11 月 12 日 木曜日
タグ:, ,
カテゴリー: 実例紹介 | コメントは受け付けていません。

高橋さんご一家
FPの家(ハイストール工法:鉄骨気密断熱住宅)にお住まいの高橋さんに住み始めて半年たった感想をお聞きしました。


鉄骨造で外断熱を実現

「冬場は全く足下が冷えませんでした。検討していた床暖房を取り付けなくて正解でした」

高橋さんのお宅は、ご兄弟がともに暮らす三世帯住宅ということで、今回ハイストール工法を選択しました。

ハイストール工法は、鉄骨構造では難しかった外断熱工法を実現した画期的な工法。硬質発泡ウレタンフォームと石膏ボードを一体成形した複合パネルで建物をすっぽりと包み込むため結露の不安がありません。

「とにかく快適!」とご満足

住まわれて半年が経った感想は、「生活には支障は無いが以前の家より音の反響は感じる」とはいうものの「家の中が静かで外の騒音が気にならない」「家の中の花が長持ちする」と十分に合格点。特に、奥様と二人の息子さんが「花粉症」等アレルギー体質でしたが、今年の春はクシャミも少なく、空気の新鮮さを感じたといいます。夏が過ぎてからの高橋さんの評価も楽しみです。

ハイストール工法に関する詳しい情報は
http://www.tsc-jp.com/まで

投稿日:2009 年 11 月 12 日 木曜日
タグ:,
カテゴリー: 実例紹介 | コメントは受け付けていません。


新井紀子/時子 さん姉妹 <川越市>

障害をかかえながらも、持ち前の明るさで幅広い活動を続ける姉妹。詩集『彩時記』はお二人の温かい心そのもの。

 

 

明るい人柄で交友関係も幅広い

新井さん姉妹は若くして進行性筋ジストロフィーと診断され、車椅子の生活をされています。でも、持ち前の明るい性格から交友関係も広く、電動車椅子でディズニーランドへ出かけるという行動派。障害を背負っていることを感じさせないほど。
普段、在宅していても、「いろんな方が見えるんです。1日座っているだけなのに、飽きるとか、退屈するということがありません」と紀子さん。明るい姉妹の話術と屈託のない笑顔に人が吸い寄せられているようです。

私たちにあった住まいを…

そんな新井さんが悩んでいたのがトイレの問題。既成のトイレでは、体が不自由なお二人には不便なうえに、介助される方の苦労もあり、かねてから「私たちにあったトイレがほしい」というご要望を持ってらっしゃいました。長年、新井さんと交友関係にあったこともあり、障害がどのようなものかを理解していた私たちに、相談をもちかけられました。

一口にバリアフリーといいますが、ただ障害を取り除くだけでなく、住宅そのものが障害をサポートするようでなくてはならない、というのが私たちの考え。メーカーと話し合い、既製品ではない新井さん姉妹が使いやすいトイレを提案させていただきました。

「新しいトイレのおかげで体も楽になり、私たちにはなくてはならないものになっています」

姉妹で貼り絵作家として活動

新井さん姉妹は貼り絵と詩の作家という一面も持ち合わせています。姉の紀子さんが貼り絵、妹の時子さんが詩と文を書くという二人三脚。桜、菜の花、ひまわり、秋桜…など身近にる四季折々の花をモチーフにした作品が中心になっています。

以前、作品が川越市市報「広報川越」の表紙に採用され、4年間、広報に掲載された作品に、新たに2作品を加え詩集『彩時記』も出版しています。

新井さん姉妹の活動および作品はホームページでもご覧になれます。

投稿日:2009 年 11 月 12 日 木曜日
タグ:,
カテゴリー: 実例紹介 | コメントは受け付けていません。

38年前に造らせて頂いたお宅の「屋根替え」を行う事になりました。屋根の形状は、「入母屋造り」(いりもやづくり)と言います。今の家の屋根は簡素で明快な形が主流ですが、まだ各地方へ行くとこの「入母屋造り」の屋根を取り入れ普請された家が見うけられます。
現在、この形を再現できる「大工職・瓦職・板金職」がどれほど居るでしょうか?古くて現在も通用する技術。難しい形・技法だからこそ様々な所に応用が利きます。次第々に無くなっていく事が残念・残念・・…です。

 

「写真」をよくご覧ください。

  • 屋根という平らであるはずの面が少し膨らんでいることを。(むくり屋根)
  • 屋根の隅の部分の材木が天に向け反りあがっている形を。
  • 今ではなかなか見られない立派な「鬼瓦」を。

これらの「反り や むくり具合・各材の厚み」を感じながら、人の目にどうしたらバランス良く見えるのか?こんな事を昔の「職人達」は考えていたのです。
でもご安心を。 今では経験の出来ない経験を持った「職方達」はまだまだ健在ですから。

投稿日:2009 年 11 月 10 日 火曜日
タグ:,
カテゴリー: 実例紹介 | コメントは受け付けていません。