毎年、当社の作業場で行う「仕事場コンサート」。

今年も4月9日(日)に開催です。

我がBand と 知合いBand x 2 と

(いつも若い子らを応援したいと考え)

今回は売り出し中のBand 「twichem」(トウイッケム)を

迎え 4Band のLive です。

今年も若者の刺激を受けたいと思います。

DSC_0196     azusa.key

投稿日:2017 年 3 月 1 日 水曜日
タグ:, , ,
カテゴリー: トピックス, 新着情報 | コメントはまだありません »

     当社がお勧めする 「FPの家」。

     全国の会員仲間が競う 「FPの家 デザイン アワード2017」が

     本日から開催されました。 (当社も競技参加に 候)

     今後の住まい造りの参考にいかがでしょうか。

               https://fp-ie.jp/fp_design/

 

名称未設定 1

投稿日:2017 年 2 月 1 日 水曜日
タグ:
カテゴリー: トピックス, 新着情報 | コメントはまだありません »

どんな時でもそうですが

「はじめの一歩は、ちょっと勇気を出すようですね」

(でも初めての事は、何歳になっても1年生。 私もそうです・・・)

 

「地域の工務店にも、ちょっと家の事聞いてみたい」

とお考えの方。

下記addressへ

kazuri@sayamail.com

FPチラシ表面(埋込ol)

FPチラシ表面(埋込ol)

投稿日:2017 年 1 月 18 日 水曜日
タグ:, ,
カテゴリー: トピックス, 新着情報 | コメントはまだありません »

c27822年前の今日、末の妹が (「ダンナ」の実家) 神戸に帰省中震災にあった。

今は3人の息子に囲まれているが、その時は長男がまだ0才。数日後連絡が取れ

「避難所」を転々としていると、その頃の事を毎年思い出されます。

 

今日は、その現実が昨日の様に思い出される日です。益々のご冥福を願います。

 

ある意味、22年前の1/17を境に「住まいの造り方」も大転換した日です。

その後も様々な「自然の猛威」を経験し、自然の中の「人類」と考えれば

「家づくり」の方法も道半ばです。

広角な眼を持ち「家づくり」に精進したいと考えます。

投稿日:2017 年 1 月 17 日 火曜日
タグ:
カテゴリー: トピックス, 新着情報 | コメントはまだありません »

 

20PHAH25

                                                           明けましておめでとうございます。

                                                1月1日、普段通り何も変わりなく、また快く新年を迎えました。

                                                今年も「個人の成長」はもちろん、皆様のご要望には普段通り

                                                お答えして行きたいと考えます。

                                                本年もよろしくお願い致します。 有難うございました。

投稿日:2017 年 1 月 4 日 水曜日
タグ:
カテゴリー: トピックス, 新着情報 | コメントはまだありません »

FPA4CEB2C8C3C7CCCCA5A4A5E9A5B9A5C8

 

     Kさまの「光熱費」をH16年から休む事なく記録しています。

     「省エネ」住宅と言えるか、ご自宅と比較してみてください。

     「住まいの快適さ」。

      人の体は素直なもので、室温が28℃でも湿度が40~60%

     に保てれば「快適さ」(=体の軽さ)を感じるものなのです。

     そんな住まいを実現しているKさまの家。

           ※ ECO住まい、省エネ全記録データ

投稿日:2014 年 10 月 11 日 土曜日
タグ:, , , , , ,
カテゴリー: トピックス, 新着情報 | コメントは受け付けていません。

imgf7b09e58zikfzj

人ひとり、暮らしを営むにはたえず何らかの 「資金」 が必要です。

愛でる人が現れた時の 「結婚資金」。 そこから始まり

20代 → 子どもの為の 「教育資金」

30代 → 夢実現の 「マイホーム 実現資金」

40代 → いざと言うときの 「病気・療養資金」

50代 → 老後の 「生活資金」

                                                      60代 → 死後の 「整理・相続対策資金」 等々

一生には、その時々の資金が付いてまわります。 事ある前に 「ライフ プランニング」(資金計画)の

取り組みをお勧めします。 担当FP(ファイナンシャル プランナー) がお答えします。

投稿日:2014 年 7 月 30 日 水曜日
タグ:, ,
カテゴリー: 新着情報, 資金 | コメントはまだありません »

 

新年 あけまして おめでとうございます。

今年も「健康」であり、「住まい」づくりを通し皆さまの「ご依頼」にお応えしていきたいと思います。

そして、業務・社会活動においても「温故知新」。社会的な

ひとりとして貢献して行きたいと考えます。

 

“初”の日に想う

◎(俯瞰的に観た家づくり業界)

昨年の「消費税増税 宣言」以来、塗装工事や足場工事が増税前の「駆け込み」でしょうか、3月まで手も足も出ぬ

ほどの工事量との事。また「ビルダー、建売業者」にあっては「こんな土地に家を?」と思える所に「住宅」を

バンバン作っています。家をとにかく作って売る事が商売の方々にあっては、誠に正道な方法なのでしょうが、

いかがなものかと思う次第です。こんな状況の中で、「地域」を中心に生業とする私どもとしては、この流れに

迎合すること無く、進んでまいりたいと思います。

 

◎(住まいは社会との窓口)

様々な所・業界で「地域」という言葉が使われます。「地域社会」とはどう受け止められますか。

そこには「私自身の生活」があり、「住まい」は、「生活の場・自己開放の場・やすらぎの場」です。

しかし住まいを協同社会の窓口と考えた場合、皆が共に暮らす為に何らかの義務(それは時間か金銭かも

しれません。)を果たす必要があると考えます。「住まいを構える事」は「社会とつながりを持つ事」(会社では

ないですよ)と感じています。

それだけ住まいを持つ事は、個人が「大人」であり・「市民」である事の証ではないでしょうか。

 

◎(指田の家づくり)

生活の基盤を表した言葉に「衣 食 住」があります。この言葉、普段の生活に置いてどの様に優先順位をつけますか。

当社の役割は「家づくり」を通し、皆さまの生活の「質」を改善する事ですが、第一は「食」、第二に「衣」、

そして最後に「住」でしょうね。「食」は健康のバロメーターですが、食欲を増進するには「住」も係わっていますね。

「衣」は、外に向けてのファッション性もさることながら、(冬場を想像してみて下さい)体温を保つための防寒着

(言い換えると宇宙服)とも言えます。そして「住」。これら要素を一回り外側で包含する重要な要素と言えるのだと

思います。

当社の様な(地元?)「工務店」にどんなイメージを抱いてますか?

「工務店では、今までと同じものしか造れない。」、「ビルダーやメーカーに依頼した方が間違いない。」「余り勉強せず、

話も良く聞いてくれない」とか。

「当らずとも遠からじ」かもしれませんが、中には先進性を兼ね備えて工務店も存在するのです。

現在は誠に「情報過多」であり、多すぎて信義性もはっきりしない時代です。

ではどうするか。やはり人と人・Face to Face を通じ会話・確認する作業が重要になっているのではないでしょうか。

このようなことも含めながら、これからも、地域に根ざしつつ、ご要望にお応えする新しさを兼ね備えた工務店として

進んでまいります。

どうぞ、よろしくお願い致します。有難うございました。

投稿日:2014 年 1 月 1 日 水曜日
タグ:
カテゴリー: 新着情報 | コメントはまだありません »

 

 

             9/30に竣工しました木造3階建て 「FPの家」。

             様々な時の変化を感じつつ竣工致しました。

 

             これから始まる四季をめぐる生活。

             色々な生活の感想を頂きたいと思います。

                      Congratulations !

投稿日:2013 年 10 月 11 日 金曜日
タグ:
カテゴリー: 快適健康住宅, 新着情報 | コメントはまだありません »

2013033113520000.jpg

                       昨日 (3/31) 曇空で寒い天気にも係わらずご近所の方々や当社のお客さんを

                       はじめBand menberの知合いも来て頂き、総勢100名近くの方々にコンサートを

                       楽しんで頂きました。中盤の 「プロ」 として活動を続ける若者のチームには会

                       場全体が圧巻。若い力に皆が「元気」をもらった様です。

                       その他チームも普段の練習を成果を程々に発揮できたのではないでしょうか。

                              また来年をご期待下さい。 皆さま有難うございました。

投稿日:2013 年 4 月 1 日 月曜日
タグ:, ,
カテゴリー: トピックス, 新着情報 | コメントはまだありません »