職人達の気ごころ

38年前に造らせて頂いたお宅の「屋根替え」を行う事になりました。屋根の形状は、「入母屋造り」(いりもやづくり)と言います。今の家の屋根は簡素で明快な形が主流ですが、まだ各地方へ行くとこの「入母屋造り」の屋根を取り入れ普請された家が見うけられます。
現在、この形を再現できる「大工職・瓦職・板金職」がどれほど居るでしょうか?古くて現在も通用する技術。難しい形・技法だからこそ様々な所に応用が利きます。次第々に無くなっていく事が残念・残念・・…です。

 

「写真」をよくご覧ください。

  • 屋根という平らであるはずの面が少し膨らんでいることを。(むくり屋根)
  • 屋根の隅の部分の材木が天に向け反りあがっている形を。
  • 今ではなかなか見られない立派な「鬼瓦」を。

これらの「反り や むくり具合・各材の厚み」を感じながら、人の目にどうしたらバランス良く見えるのか?こんな事を昔の「職人達」は考えていたのです。
でもご安心を。 今では経験の出来ない経験を持った「職方達」はまだまだ健在ですから。

投稿者:sashida  投稿日時:2009 年 11 月 10 日 16:49 pm

コメントは受け付けていません。