マイホーム、「依頼先」あれこれ。

「家づくり、どこに頼んだら良いのだろう!」 確かに大きい買い物。迷うのが当然です。これは建てる方のマイホームに対する考えにもよりますが、基本は相互の「相性のよさ」に因る所が多分にあるのではにでしょうか。

ハウスメーカー

メリット

  • 土地探しから家づくりまで全般のサポート可能。
  • 工場生産なので品質が一定。
  • スピーディーで工期が短い。

デメリット

  • 工法が限られる。
  • 仕様などに制限があり、変形敷地には対応が難しい。
  • 仕様変更など、コストアップにつながる。

工務店

メリット

  • プラン等、自由度が高い。
  • 地域密着で安心感があり、アフターやリフォームに便利。
  • コストダウンの相談がしやすい。

デメリット

  • 工務店により提案力やデザイン力に差がある。
  • 工法が限られる。
  • 第三者による、工事や見積のチェックがない。

建築家

メリット

  • ほかと違った個性的な家ができる。
  • 変形敷地や限られた予算にも対応可能。
  • 予算監理、施工監理もしてくれる。

デメリット

  • 相性のよい建築家に出会うまで手間ひまがかかる。
  • 設計期間が長い。
  • 施主との共同作業になるので、依頼側にもエネルギーが必要。

投稿者:sashida  投稿日時:2009 年 11 月 06 日 9:56 am

コメントは受け付けていません。