土地と言っても様々。

以前のように個人所有の土地を他人に売買するという形は少なくなりました。

既存住宅があった土地となると、住宅金融公庫があった当時の「最低敷地面積100㎡以上」という規定がマイナス側に働き、30坪前後の土地が多いのが現状で生活環境としては35~40坪程度の広さがほしい所。

現状、面的に広い土地は「相続」の処分財産として現れ、ほとんどが不動産業者による敷地面積が30~35坪程度の「建築条件付き宅地」。この条件を外し、自分好みの住宅を建築するには条件の解除費用が必要。

投稿者:sashida  投稿日時:2009 年 11 月 06 日 8:03 am

コメントは受け付けていません。