「土地」の値段が下がりにくい地域はどこだろう?

一般的に不動産価格は、「需要」と『供給」で決まります。不動産でいう「需要」とは「人口」です。その地域の将来的な人口増減が不動産価格に影響します。少子化社会と言いながらも人口の増えている地域はあります。増える地域の特性があるはずです。 
やはり、現在も近未来も人口が「微増」な所が良いようですね。

大手開発会社が、人里離れた所を一団地として開発する事があります。市街地からの距離的条件として「お手ごろ感」な価格のようですが、将来の年齢構成がどうなるかでその地域が見えそうですね。

投稿者:sashida  投稿日時:2009 年 11 月 06 日 8:08 am

コメントは受け付けていません。