今後の「住まい」の形は? (2010)

   今の現状(経済環境・少子高齢化・環境問題 eto )の中、これからの「住まい」を

   考えた場合、家が備える「力」としては地震に強い事は常識として、快適・省エネ・

   エコ的であり、長寿命であり、ひと的には「老々介護」を回避するためにも、世代継承型

   の住宅、そして最後は転売可能な「価値あり」住宅だと思います。

投稿者:sashida  投稿日時:2010 年 06 月 16 日 16:30 pm

コメントは受け付けていません。