既存住宅 基礎部分の検証

基礎完了-2   A Bolt-4

                                      阪神大震災を境に、法に基づく、いや「建築基準法」に

                                      則った「家づくり」が認識されたと言っても過言では無い

                                      思う。その後、「家づくり」の世界に身を置く者としても考

                                      えられない「耐震偽装事件」が起き、消費者保護の観点

                                      からも「家づくり」の厳格化が今日に至っていると思う。

 

                                      しかし、振り返るに30年以上前の「家づくり」を考えると

                                      「質」よりは「数 or 量」を供給する時代でした。基礎の

                                      形状は今と変わらないものの、鉄筋の入らない「無筋

                                      基礎」が当たり前でした。その事を決して悪くは言えま

                                      せんが、震災などの災害を経験した事により、「量」から

                                      人中心の「質」へと流れ方が変化した事を歓迎します。

                                                   (あと残るは人間性改善か?)

 

                                          時代変化の検証として「旧来型基礎」の実験コラムを届けます。

                                                  ※木造住宅の既存基礎の実験  (1)   (2)   (3)   (4)

投稿者:sashida  投稿日時:2010 年 02 月 09 日 17:26 pm

コメントは受け付けていません。