建物応急危険度判定 模擬訓練

IMG_1169IMG_1170

IMG_1171

                                      埼玉県主催、狭山市共催の 「被災建築物応急危険度判定」の

                                      模擬訓練が開催されました。「危険度判定士」(No.2-16)の登録

                                      をする者としては、やっておくべき訓練です。今回で二度目の模

                                      擬訓練。狭山市営住宅の撤去に伴い10坪程度の住宅を被災建

                                      物に見立て訓練を行います。ふたりがチームになり、「調査表」に基

                                      づき判定し、建物に「 調査済 (緑), 要注意 (黄), 危険 (赤) 」の判

                                      定ステッカーを貼る作業です。この作業は建物の被災状況の把握と

                                      今後の使用可能性、そして所有者・周辺通行人への注意喚起が

                                      目的となります。実際、新潟県で発生した地震の際には「判定士」

                                      の資格を持つ「県・市」の職員、建築士会の会員が新潟県に判定

                                      作業に派遣されました。無い々と思っても必ずいつかは起こる事。

                                      この訓練、大事にしたいと思います。

                                            ※「木造建築物の応急危険度判定調査表

投稿者:sashida  投稿日時:2010 年 02 月 10 日 13:31 pm

コメントは受け付けていません。