「住まい」は全てが人の営み!(ひきこもり)

title

                                        ご理解ください! 「家づくり」にはどうしても、ちょっとだけ

                                        プライベートな部分をお聞きする事が間々あります。

                                        「家づくり」は、建てた方・造った者が共に「一生涯」に渡り

                                        幸せであり続けたいと考えます。しかし、昨今「ひきこもり」や

                                        「うつ病」などの言葉が取り立たされる事が多いのが現実です。

                                        何がいったい足りないのでしょう。私自身そうならない保証は

                                        ありませんが、そう成らないために労働をし、「仲間」や「知合い」

                                        と会話をし、自分の「存在」を確かめているのも事実であります。

 

                                        お届けする「関連情報」は、家庭生活と「ひきこもり」を金銭的に

                                        どう考えるかの話です。 参考になりますでしょうか。

                                                   ※「ひきこもりの社会復帰が無理・・・

投稿者:sashida  投稿日時:2010 年 03 月 03 日 16:12 pm

コメントは受け付けていません。