建築士としてのStudy (構造編)

IMG_1230

     3/26(金)に東京 小平市にある「職業能力開発総合大学校」をお借りして

     木造住宅にとって、地震時に重要な「耐震壁」の破壊メカニズムを体感する

     研修を行いました。筋違(斜め材)を取り付けた実寸大のフレーム、そして

     構造用合板を貼った2通りの試験です。耐震診断や構造計算の際、その

     壁が地震にどの程度の強さを持つのか、決められた数値では認識して

     いるものの実際に破壊の様子、そしてデータからの倍率計算など大変興味

                                               深い研修になりました。

 

 

投稿者:sashida  投稿日時:2010 年 03 月 30 日 11:39 am

コメントは受け付けていません。