「応急危険度判定」 研修会

先日(1/20)、「埼玉建築士会 入間第1支部」 主催の「応急危険度判定」 研修会に士会員として参加しました。今年になって海外はじめ国内でも規模の大きな地震が発生しています。3年前(2004)の新潟県の「中越地震」の際には、埼玉県より建物の「応急危険度判定」 の為に「被災住宅相談キャラバン隊」として、延べ94名が出動しました。

私自身「応急危険度判定士」として登録はしているものの、今まで被災地に赴いた経験は無く、「建築士会」の中にも「実践的な経験」が必要な事は以前からありました。

今回、会員の中より研修には手頃な「解体物件」の話があり、その住宅を地震に見立てる為、建設重機で解体・傾斜させ実際に使用される「判定調査表」を用い、「判定訓練」を行いました。机上の物事から一歩進んだ実地訓練。大変有意義でした。後半は、入間市にある放送メディア「FM茶笛」(FMチャッピー)の方より災害の際の近隣市町村との「連携関係や緊急放送」の話を聞く事が出来ました。

 

投稿者:sashida  投稿日時:2009 年 11 月 13 日 20:33 pm

コメントは受け付けていません。