高橋さんご一家
FPの家(ハイストール工法:鉄骨気密断熱住宅)にお住まいの高橋さんに住み始めて半年たった感想をお聞きしました。


鉄骨造で外断熱を実現

「冬場は全く足下が冷えませんでした。検討していた床暖房を取り付けなくて正解でした」

高橋さんのお宅は、ご兄弟がともに暮らす三世帯住宅ということで、今回ハイストール工法を選択しました。

ハイストール工法は、鉄骨構造では難しかった外断熱工法を実現した画期的な工法。硬質発泡ウレタンフォームと石膏ボードを一体成形した複合パネルで建物をすっぽりと包み込むため結露の不安がありません。

「とにかく快適!」とご満足

住まわれて半年が経った感想は、「生活には支障は無いが以前の家より音の反響は感じる」とはいうものの「家の中が静かで外の騒音が気にならない」「家の中の花が長持ちする」と十分に合格点。特に、奥様と二人の息子さんが「花粉症」等アレルギー体質でしたが、今年の春はクシャミも少なく、空気の新鮮さを感じたといいます。夏が過ぎてからの高橋さんの評価も楽しみです。

ハイストール工法に関する詳しい情報は
http://www.tsc-jp.com/まで

投稿日:2009 年 11 月 12 日 木曜日
タグ:,
カテゴリー: 実例紹介 | コメントは受け付けていません。