03 1024x683x27bffcc5d5fefb9362e798e

        今日、阪神大震災から17年。 当時、妹家族も被災し他人事でなかった事を思い出します。

        阪神 並びに 東日本大震災で被災された方々にお悔やみを申し、犠牲になられた方々の

        益々の「ご冥福」 を申し上げます。 人は、共通に「喜び や 痛み・悲しみ ets」 を共有できる

       と素直に「心の手」を結べるものです。昨年は 「 絆 」 という言葉が広く認識された年であっ

       と思います。(人間ひとりでは生きられない。) この言葉は忘れられる事はないでしょう。

                     一方で、共に「災害」などを経験した事の無い地域はどうであるか。

       益々、「自分だけは」 「俺の所だけは」 等々 ひとり一人が「孤立化」していく方向になって

       いないかと心配するのは、私だけのとり越し・・・ でしょうか。

       災害を経験した日。  この日は 「痛み」 を再認識する日にしたいと思います。

                      益々の「ご冥福」 を申し上げます。

投稿日:2012 年 1 月 17 日 火曜日
タグ:, ,
カテゴリー: 新着情報 | コメントは受け付けていません。

私の「従兄さん」のH様の住まいの改修です。以前からリフォームの話がありいざ実行しようとするとそれぞれの予定がうまく合わず、今回やっと実現することができました。

【 声 】

小さい部屋のリフォームばかりで申し訳ありませんでした。お陰さまで予算内でお願いした通りにして頂き快適に毎日すごさせて頂いております。 ありがとうございました。ただ、慣れましたが畳がこんなに固いものとは思いませんでした。短所も知らせてもらえたらと感じました。

指⇒ すみません。コミニケーションをもっと小まめにとるように致します。有難うございました。

投稿日:2009 年 7 月 8 日 水曜日
タグ:, ,
カテゴリー: お客さまからの声 | コメントは受け付けていません。

「家づくり」を家族で考え始めた時、中心的な役割をするのが「奥様」方。毎日家族が健康である様に、そして元気で会社・学校へと送り出すために毎日の家事は大変な労力だと感じています。
そんな奥様方の「家づくり」に対する要望で、共通に強く望まれるのが「流し台」など水廻りの機能性や使い易さ、デザイン。そして、この事と肩を並べるくらい重要な「収納スペース」の課題です。
子供の成長と共に増え続ける物・物・物。 捨てようと思っても増え続ける品々。この辺の 「読み!(ある物の量の認識) 。「家づくり」に重要です。
One Box House に組み込まれたいくつかの「収納部分」を紹介します。

投稿日:2007 年 5 月 4 日 金曜日
タグ:, ,
カテゴリー: 新着情報 | コメントは受け付けていません。