「家づくり」を行う者として、気をつける今後の「課題」

                    分譲系の家が建ち並ぶ所は、家の高さや配置には全体的な計画が可能である。

                    しかし、それぞれの生活が馴染み、過去の規制の中で建てられた家並みの中で

                    建替えを考えた場合、その家には現在の法が適用される。当然時間と共に法にも

                    変化があり規制された部分・緩和された部分様々である。今までの家にまつわる

                    問題を考えると、高層の集合住宅ができる時の「日照権」問題がありました。この

                    話題が今後一般の住宅街においても、重きを置いて検討する課題のように考えま

                    す。また、環境問題も含め「太陽光発電」にとっても日照時間の検討は避けて通れ

                    ません。  「家づくり」に当り、「環境アセスメント」的な時代になって来た様な気がします。

                              ※ 「 関連記事

投稿者:sashida  投稿日時:2010 年 04 月 03 日 14:46 pm

コメントは受け付けていません。