水野 Sevens-3

 

Aさまとの打合せの中から出来あがった上の「一覧表」。

 

現在「家づくり」を行い、その家がどのような「性能」を有しているかを判断する制度があり、その制度を「住宅性能評価制度」と言い、Aさまの住宅の性能をまとめたものが上の表なのです。
評価項目が10項目に分かれ、項目毎に「等級数」で評価し「等級1」が現状の建築基準法レベルで始り、数値が上がる毎にその項目の評価が高くなって行きます。
ただこの数値も単純に高いレベルを求める訳では無く、「お客様」が「家」に求めるものと、費用対効果、そして技術的な検討も加味した結果がこの表になりました。実はこの表は「設計評価」段階のものであり、これを本当に実現させるために「建設評価」に移り、いくつかの「現場検査」を受けます。
これからが「ピリピリ」した時が始ります。

投稿者:sashida  投稿日時:2008 年 12 月 12 日 9:05 am

コメントは受け付けていません。