水野 Sevens-7

今までの「工事フロー」の紹介です。「始りから家の基礎が出来るまで」

 

家を造って行くには、設計図書に基いた建物の配置や高さの基準が必要です。よくこんな「柵」みたいな物をみると「家がたつんだなあ」と思いますよね。
ここからは専門的で分かりづらいかもしれませんがガマンして下さい。

土の下から「湿気」が上がらない様にシートを敷き図面の様に「鉄筋」を配置。

全てが検討された「図面」を頼りに

  • 決められた位置に「ボルト」を入れて
  • 特に寒くなる床下には「断熱材」を付けて
  • 品質の管理された「コンクリート」を流し込むのです。

 

そして、「コンクリート」が優しく固まるのを待ち「基礎」の完成です。

 

   実際、作業の流れは細部な部分がありますが、チョット「超特急」でした。

投稿者:sashida  投稿日時:2009 年 02 月 20 日 9:42 am

コメントは受け付けていません。