健康住宅 no すすめ !

 

「健康住宅 no すすめ」。
今年 or 近い将来に「家を造りた~い!」 と考えてる方々に送る「健康住宅 no すすめ」。「 x x x no すすめ」 なんて言い方は、どこか時代を感じますよね。
むずかしい話では無く すら~ と話したいとは思いますが・・…。 どうでしょうか?

 

まずは、「家づくり」 又は 「家を持つ事」をこんな風に考えて頂けますか。

「家は建てるのではなく、地域の人達の中で新しい暮らしを創って行くのだ」 と。

人間って高等な生き物ですよね。自然界の動物たちを見ていると集団生活を送る中には、何かしらの「ルール」が有るようです。人間って高等な生き物だから、地域社会とのつながりを持つ事は「当然」と考えますよね。この辺の所が「健康な住宅」の重要な一歩になると思いませんか。

次に「家」という「器」自身の要件です。

「家で、安全で健康な暮らしを送るには、何が必要でしょうか?」

ここで、こんな疑問符を考えて下さい。あなたがすでに「希望に満ちた家」を持っているします。でも暮らしている間にこんな疑問が湧いたらどうしましょう。

(怒) 自分達のお金で建てた家なのに、どうして我慢して暮らさなくてはいけないの!
我慢」とは何でしょう。 冬寒い家だったり、夏暑い家だったり、病気になりそうな家だったり、怪我を起しやすい家だったり、地震に弱い家だったり 様々な事が考えられます。でもこの事って、計画時点の検討が不足していたという事ではないでしょうか?

はい、すみません。得意な所の、話が回りくどくなってきました。
簡潔に要件を並べてみたいと思います。

※ ≪ 健康住宅の要件

  • 快適な住み心地の実現 ⇒ 家の中はいつもきれいな空気と温度差の無い空間を実現したいですね。
  • 家が原因のケガ、事故にあわない ⇒ 転倒、火災、溺死に意識をはらおう。
  • 家が原因の病気にならない ⇒ 日照、通風、換気、冷暖房を検討しよう。
  • 健全な家族関係を維持できる ⇒ 間取りの工夫、近所とのお付合いを重視しよう。
  • 長寿命な家 ⇒ 定期的なメンテナンスを重ね、「資産価値」のある家で有り続ける事。

    以上ですが、最後にこんなグラフがありましたので皆様に紹介します。これは人が一生涯に体に取り込む物質を重さの比率で現したものです。これもみてどう考えられますか。 (文字があまりはっきりしませんがお許しを・・)

投稿者:sashida  投稿日時:2010 年 04 月 08 日 15:49 pm

コメントは受け付けていません。